「和」のライフスタイルを提案する 大島呉服店

きものの常識

種類別の着用機会

分類 着用機会 TPO
フォーマル
礼装
第一礼装 結婚式・表彰式・記念式典
正装 披露宴・パーティー・茶会・園遊会・発表会
略礼装 入学式・卒業式・茶会
葬式 告別式・一周忌
法事 3回目以降の仏事
カジュアル
普段着
街着 同窓会・旅行・お茶、お花、お琴、日本舞踊などの稽古事
着付教室・観劇・ショッピング・内輪のパーティー・合コン・デート

一般に染物はフォーマル・礼装、織物はカジュアル・普段着といわれますが、小紋や御召などの例外もあります。


  品種 着用機会 特徴
フォーマル
礼装
振袖 第一礼装
正装
略礼装
縮緬や紋意匠などの白生地に、
友禅染め・絞り・刺繍・金箔など
さまざまな技法を駆使して染めた未婚女性の盛装。
黒留袖 第一礼装 縮緬の白生地に、友禅染め・刺繍・金彩などで
裾だけの模様をつけた既婚女性の第一礼装。
地色は黒。背・両胸・両後袖の5ヶ所に家紋を入れる。
今日では、家族・親族の結婚式に限られることが多い。
色留袖 第一礼装
正装
黒地以外の留袖。縮緬や紋意匠などの白生地に、
友禅染め、刺繍、金彩などで裾だけの模様をつけた
既婚(最近では未婚も)女性の礼装。
家紋は1つ、3つ、5つと比較的自由につける。
訪問着 第一礼装
正装
略礼装
縮緬や紋意匠などの白生地に、
友禅染め、刺繍、絞り、金彩などで裾を中心に
胸・肩・袖ほか全体に模様付けしたきもの(絵羽模様)。
色留袖に次ぐ礼装で、着用範囲が広い。
附下 正装
略礼装
訪問着の柄付けを簡略化し、
縮緬や紋意匠などの白生地に、
友禅染め、刺繍、絞り、金彩などで染め加工したもの。
色無地 略礼装
法事
縮緬や紋意匠などの白生地に
黒以外の色を無地に染めたもの。
一つ紋をつけることが多い。
黒紋付
(喪服)
葬式
第一礼装
縮緬や羽二重の白生地に紋を白く抜き、
黒無地に染めたもの。
背・両胸・両後袖の5ヶ所に家紋を入れる。
男性の黒紋付は袴とともに着用し、
葬式と第一礼装に用いられる。
両用 小紋 略礼装
法事
街着
縮緬や緞子などの白生地に型染した反復柄のもの。
小柄の江戸小紋は、略礼装・法事にも用いられる。
御召 略礼装
街着
糸染めをした強撚糸を緯糸に織った織物。
平織、紋織ともにある。
無地御召は略礼装としても用いられる。
カジュアル
普段着
紬絣 街着 単に紬ともいう。主に真綿糸・玉糸などを用い、
糸を染めて絣柄を織ったもの。
上布 街着 夏織物。手績みの苧麻を使用した、
わが国最古の織物の一つ。
生産量は非常に少ない。
街着 夏織物。苧麻の紡糸を使用した織物。
緯糸に強撚糸を使い、
シボを立たせた風合いが特徴。
浴衣 街着 夏物。夏の普段着のきものといえば木綿のゆかた、
というほど一般化している。
伝統的な注染から、機械捺染までさまざまな技法で
染められている。
PAGE TOP