「和」のライフスタイルを提案する 大島呉服店

きものの常識

きものの種類

振 袖

ミスの第一礼装で、袖の長さにより大振袖・中振袖・小振袖があります。
一般的によく着るのは中振袖で、成人式、卒業式、披露宴、パーティー、お見合いなど。
しゃれ感覚でミセスでも中振袖を着る機会が増えつつあります。

訪問着

全体に模様の入ったきものや、裾・左前袖・左肩から衿にかけてが絵羽(広げると一枚の絵のようになる)糢様のきもので、近年は最もポピュラーな略礼装として幅広く着られています。 入学式の付き添い、友人の披露宴、パーティー、茶会などほとんどの改まった席にOKで、年齢や結婚の有無も関係なく着られます。

黒留袖

ミセスの第一級の礼装用で、黒地で染め抜きの五ツ紋があり、裾に絵模様を施したものです。
親族の結婚式や正式な儀式・式典などに着られます。

色留袖

色地で染め抜き紋があり、裾に絵模様を施したきものです。
結婚式や正式な儀式・式典などに着られます。また、一ツ紋にして略礼装の訪問着替わりとして着られます。

色無地

黒以外の一色に染められた 柄のないきものです。汎用性が高く、どんな帯とも相性がいいので一枚あると重宝します。

江戸小紋

古典的な小紋柄を単色染めしたもので、全体に細かい柄が入っているきものです。
一つ紋を付けると色無地と同格になり、略礼装としても着用できます。

洗えるきもの

  • 雨の日にお召しになっても大丈夫です。
  • 丈夫で汚れ落しが簡単です。
  • 丸洗いが出来ます。洗濯後の伸縮がありません。
  • 軽くてしわになりにくいです。
  • 虫・カビの心配がありません。
  • お茶、お花、踊りなど、女性のたしなみやお稽古事に最適のきものです。
PAGE TOP