「和」のライフスタイルを提案する 大島呉服店

人生の節目のお祝い

おちごさん

寺院の落慶、特別年忌法要の記念に、おねりというものがあります。
お坊さんの後を、子供がきものの上に冠をかぶり練り歩きます。
子供のきものは一つ身紋付きや訪問着を着ます。
付き添いの母親は黒留袖でしたが、今は色留袖の方もいます。

<PAGE TOP>

入学式、卒業式

あくまでも子供が主役なので、子供の引き立て役になりましょう。
母親は訪問着、附下など絵羽物が多いですが、色無地でもかまいません。
上品に装いましょう。
卒業式は入学式より少し控えめな気持ちで。

<PAGE TOP>

十三参り

陰暦の3月13日、現在の4月13日に数えで13歳になった男女が
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りして福徳、知恵を授かる行事です。
「知恵もらい」ともいいます。また、十三参りが行われるようになったのは、ちょうど200年ほど前といわれています。
この行事は関西では盛んに行われていますが、関東では一般的ではないようです。
また、十三参りの習慣がない地方もあります。
とくに京都市嵯峨の法輪寺は「嵯峨の虚空蔵さん」とよばれ親しまれています。
13歳といえばちょうど子供から大人へ変わる時期ですし、女の子の最初の厄年にもあたります。
そんな筋目の時期だからこそしっかりお祈りしてもらうことは大切だと思います。
女の子の数え13歳に宮参りするところもあります。
きものは訪問着、小紋などを少し袖丈を長くして着用すればかわいいでしょう。
肩アゲはもうできない子供が多いはずです。 少しだけでもよいでしょう。

<PAGE TOP>

成人式

満20歳になると、法律上でも責任ある一人前の成人として扱われます。
この成人に達した人達を祝う儀式が「成人式」です。
現在では国民の祝日として、1月の第2月曜日に「成人の日」が定められていますが、この日には各地で成人に達した人達を祝う式典が催されたり、神社でも成人祭が行われ、神さまに成人となったことを報告する姿が見受けられます。
人生で一番輝いているときですので、未婚女性の第一礼装の振袖をぜひ着てください。
最近では男性のきもの姿も見受けられます。
もちろん男性の第一礼装は黒羽二重紋付袴付ですが、色物の紋付も見かけます。
さて日本には古来から「元服(げんぷく)」という、現在の成人式に該当する儀式がありました。
元服とは、男子が成人となった証として、成人の装束を着て髪を結い、冠をかぶる儀式です。
12歳から16歳ぐらいまでの間に行われ、このときに幼名を廃して鳥帽子(えぼし)をつけます。
また、貴人の子息の場合は、この際に位を授けられました。
室町中期以後になると、身分の高い人の他は前髪を剃ったり袖を短くするなど、
さまざまな形式の儀式が行われていました。

PAGE TOP