「和」のライフスタイルを提案する 大島呉服店

人生の節目のお祝い

帯祝い

犬(戌)は、多産でありながらお産が極めて軽いということで、
昔から安産の守り神として愛されてきました。
ですから妊娠5ヶ月目(地区によって異なります)の戌の日に安産を願って帯祝いを行います。
ここでの帯とは腹帯(岩田帯ともいいます)を指しますが、妊娠期の大きくなった腹部を下から支え、冷えによる早・流産を招かないための保温の効果などがあります。
腹帯(最近はガードル式の物が多いようです)や晒は神社で祈祷をすませて、
実家から餅と一緒に贈ります。
腹帯とセットで赤ちゃんの肌着や洋服、おむつ、毛布などの詰め合わせになったものもあります。
産み月に入ったらお嫁さんの実家からコロコロ餅を持ってお嫁さんを迎えにきます。
コロコロ餅とは紅白で、形は細長く、安産でコロコロと生まれるように願ってのものです。
そして実家で赤ちゃんを産みます。

<PAGE TOP>

お七夜(おしっちゃ)

昔、赤ちゃんの死亡率が高かったため、生まれてから6日目までは「神の子」と呼び、赤ちゃんの生死は神様にゆだねられていました。
7日目でようやく人間の子供として認められ、その承認の儀式がお七夜と呼ばれました。
お七夜には、その日までに考えておいた名前を子供に命名し、
家族やお世話になった方たちで祝い膳を囲んでお祝いするならわしがあります。
昔はこの行事も,父方の祖父が主催して親類や嫁の実家を招いて行われていました。
最近では,母子の健康上のこともあり、日取りも必ずしも7日目ではなく
退院後初めての休日に行われることが多いようです。
また大勢の方でもてなすのは避け、それぞれの親を招いて内々で祝う程度にするのが
一般的なようです。
赤ちゃんが男の子なら一つ身の紋付に袴セットなど、女の子なら一つ身訪問着、
結び帯など父方の親が持参します。
男の子の一つ身は家紋を必ず入れますが、女の子の場合は入れないことのほうが多いようです。
第2子以降、上の子と性別がちがう場合、今度は母方で一つ身を用意します。
また同じ性別の子供が生まれたときは、ちょうはい帰りに四つ身、ウールのきもの、
ゆかたやジュニアの布団などを用意します。
父親がお婿さんの場合、基本的にきものは父方で用意して持参します。
赤ちゃんにとって初めてのお祝いですので、頂いたきものを羽織らせて、お披露目しましょう。
お祝いの膳は男なら黒豆のこわ飯、女なら赤飯でします。
赤ちゃんがお世話になるのですからお礼の意味で、父方から母方の女性の方に品物や、商品券などを贈ります。

<PAGE TOP>

ちょうはい帰り(初産帰り)

出産後約一ヶ月くらいで、実家より赤ちゃんを連れて嫁ぎ先に帰ります。
父方の実家から一つ身を贈られたら、母方の方で四つ身のきものを用意します。
(紋付、訪問着など)
お祝いの席では赤ちゃんにきものを羽織らせてみましょう。
お七夜のときのお礼の返しは、この時にします。
頂いたものを考慮して同じようなものを用意します。

<PAGE TOP>

百日の宮参り・お食い初め

誕生して初めて氏神様へお参りするもので、本来は産土(うぶすな)神に対する
氏子入りの挨拶にあると考えられますが、一般的 には神前において、神様から授かった生命の誕生に感謝し、親戚縁者一同で喜び合い、その子がすくすくと育つことを祈願します。
地区によっては男の子、女の子で日数が違いますが、この辺では同じ100日前後にお参りする人が多いようです。
お参りするときは、祖母が赤ちゃんを抱き、上から一つ身のきものを羽織らせます。
お宮参りの写真は記念になりますので、是非写しておきましょう。
お宮参りの後の食事は赤ちゃんのお食い初めにしたらよいでしょう。
これは赤ちゃんが、一生食べ物に困らないようにと願い、お赤飯を用意してお祝いします。
赤ちゃんにはご飯粒を一粒口に入れてあげます。
赤ちゃん用のかわいい食器セットもあります。

PAGE TOP