「和」のライフスタイルを提案する 大島呉服店

風呂敷いろいろ

ふろしきサイズの基本

風呂敷のサイズをいうとき、
○○巾という言い方をします。
巾というのは横の長さです。

基本的に34cmを一巾として、
倍の68cmは二巾といいます。
(おおよそのサイズです。)


サイズと用途

中巾(45cm)

ふくさの替わりに金封や習い事の月謝を包むのに
最適な45cmの小風呂敷です。
正絹のちりめんのものは、
いざというときの冠婚葬祭に重宝します。
化合繊の素材なら
小さなギフトラッピングに最適です。


二巾(68〜70cm)

もっとも一般的なサイズです。
箱入りのお菓子を包むのに最適です。
お世話になった方へのご挨拶には正絹ちりめんを。
ワイン包みやスカーフ使いには
色のきれいな化合繊を。
しわになりにくいので旅行にも便利なサイズです。


二四巾(90cm)

少し大きめの品物を包むときや、お買い物などに
便利なのがこのサイズです。
一升瓶を1本、ワインを2本包むのに最適です。
結納などの外包みの際には白山紬を用います。

三巾(100〜105cm)

日本酒の二升箱入りを包めます。
バッグとして買い物袋の代わりに使ったり 、多彩な色や柄を選んでテーブルクロスとしても楽しめるサイズです。

四巾(128cm)

ソファーカバーやテーブルクロスなどのインテリアとしても便利な大判サイズ。
強度のある綿素材なら、重い荷物も安心して包めます。たとう紙に入れたきものを包むときにも使えます。

五巾・六巾(175cm・195cm)

特に大きなもの(布団など)を包むのにはこのサイズを使います。

PAGE TOP